動物個体数調査@ナイロビ国立公園

ケニア在住36年、ダクタリ・カンベ(Doctor Kambe)こと
神戸俊平獣医師にお声掛け頂き、ケニア野生生物公社
(KWS=私の配属先)による動物個体数定期調査に参加
させてもらった。











初めて入るナイロビ国立公園。首都にこれだけの広さの
公園を確保できているのはすごい。しかしナクル湖国立
公園と比べたら、動物の生息密度は圧倒的に低い。
ナイロビ国立公園には柵がないので、動物は公園内外
を行き来できるのが原因のひとつだとか。













それでも、入っていきなりライオンの家族(見にくいけれど
4頭いる)に遭遇する幸運に恵まれた。車のすぐそばの
茂みにいたため、間近に見ることができて感動した。
















神戸先生の車には、私たちJOCV4人、NGOスタッフの
日本人2人、日本人留学生1人の他に、Nature Kenya
というNGOのスタッフ1人が乗車。彼は非常に知識豊富
で、いろいろな話が聞けておもしろかった。

例えばこのアカシア。普通のアカシアと違い、枝にコブの
ようなものをもっていて、ここにアリが巣食っている。
キリンなどの動物は、普通のアカシアを食べるがこの
アカシアは食べないそう。アカシアを食べようとするとアリ
も一緒に食べることになってしまい、酸っぱくて嫌がるの
だそうだ。

彼はケニア人らしく、視力が非常に良く、遠くの丘で草を
食んでいたクロサイを見つけてくれた。IUCNレッドリスト
絶滅危惧ⅠA類(Critically Endangered)のクロサイ
見られたのは嬉しかった。












また彼曰く、
「シマウマのオスとメス、どうやって見分けるか知ってる?」
「知らな-い・・」
「オスは白地に黒い縞模様で、
 メスは黒地に白い縞模様があるんだよ。」
「・・・・・ケニアン・ジョーク?・・・・・」



学ぶべきことがたくさん!



アフリカと神戸俊平友の会
http://www.s-kambevet.org/

3 コメント:

mm さんのコメント...

ライオンかわいいね。サファリパークにいるみたいといったら、怒られそう。アカシアの木は非常にinteresting!!
カメラはナクルのときとは違うのかな?画像が荒いけどーーー。

miyuki さんのコメント...

さきほど、こんなニュースが飛び込んできました。
『ケニア、餌用にシマウマ移送
現在ケニアは過去26年間で最悪の干ばつに見舞われており、アンボセリ国立公園では草食系動物の個体数が80%も減少するなど、深刻な状況に陥っている。干ばつによるエサ不足でライオンやハイエナが人間集落を襲う被害も懸念されるため、別の場所からシマウマ約4000頭、ヌー約3000頭を移送。第一弾となる移送用シマウマの捕獲が2月10日に始まった。』
と・・・。
本当?!

Bambi さんのコメント...

mmさん
サファリパークみたい、という発想が日本人ぽくて
悲しいよね・・こちらが本物なのに。他の隊員は
バスに乗っていて道沿いでキリンやシマウマに遭遇
したらしいけど、その方がおもしろいかも。

画像が粗いのは天気が悪かったからと、ズームして
いるからだと思う。カメラは同じです。


miyukiさん
コメントありがとうございます。
日本でもそのニュースが流れているとは驚きました。
国立公園によって特定の動物個体数が増えていたり
減っていたりしており、生態系バランスを考慮して
動物を移送することもあります。私がこちらの新聞で
読んだ限りでは、ナクル湖国立公園からはシマウマ
1000頭が移送されるそうです。

「餌用」というとムゴイ印象を受けますが、
ナクルにいると、シマウマが多すぎると感じます。

【参照】Daily Nation(2月10日)
http://www.nation.co.ke/News/-/1056/859832/-/vq2lsj/-/index.html